1. トップページ
  2. 行く・乗る・あそぶ
  3. 船に乗る
  4. プレジャーボートの楽しみ方
爽快感
日焼け
チャレンジ
体力
準備/片付け

 家族や仲間と海上でゆっくりとプライベートタイムを過ごしたい時に最適なのがプレジャーボート。マリンスポーツや釣り、船上での女子会やパーティなど、楽しみ方は無限大。

初挑戦でもここまで上達できる!

釣りに食事にツーリング いろんな遊び方が楽しめる

なんと船の操縦もできました。まさか自分で船を動かす時がくるとは…!


はじめてのプレジャーボート(出演:のが・池澤あやか)

遊べる時期と地域

 暖かい日差しの中、心地よい風を感じながらクルージングを楽しめる夏はもちろん、水に濡れることがないため、冬でも十分楽しめます。チャーターボートであれば全国各地のマリーナで季節に合わせた様々なプランが用意されています。




船上イベントを企画して“非日常体験”を満喫!


 ボートの上は完全貸切なので家族や仲間だけでも気兼ねなく楽しめます。マリンスポーツアイテムやランチの持ち込みもOKなので誕生パーティーや非日常的な女子会をしたい方にはおすすめです。

マリーナ Xpower
眞喜志(まきし)さん

プレジャーボートの魅力・楽しむポイント

 プレジャーボートの醍醐味は、貸し切り状態で周りに気兼ねなく遊べるところ。走行中は海風を感じながら爽快感を楽しみ、停泊中は心地よい日差しを浴びながら心ゆくまで海を満喫することができます。普段の生活では味わえない、ちょっと贅沢な遊びです。




気心の知れた仲間と釣りに没頭

 根強い人気があるのが、ボートフィッシングです。他の釣り人に気を使うことなく、自分たちのペースで釣りを楽しめます。好きなポイントに移動できるので、沖に出て大物を狙うのもよいでしょう。


シュノーケリングで海中風景を満喫

 シュノーケリングがしたい場合は、すばらしい海中風景を見ることができるポイントを地元のマリーナで聞いてみましょう。疲れたら、すぐに船に上がってリラックスタイムに入れるのもプレジャーボートならではの魅力。


クルージングで自分だけの自由な旅を

 水平線を眺めながらのクルージングも格別です。陸から見ることのできない絶景巡りや、無人島に上陸して浜遊びを楽しむなど、〝自分だけの船の旅〟を実現することができます。


プレジャーボートに乗ってみよう!

 免許があれば、好きなタイミングで離島に行ったり夜景をみたりと、クルージングを楽しむことができますし、免許を持っていなくても船長付でボートをチャーターすることができます。「海から夜景を見る」「海の上でグルメを楽しむ」など様々なプランが用意されているので、まずはマリーナに相談してみましょう。




【免許】ボートの免許は最短2日の教習でとれる

 プレジャーボートを運転するには「小型船舶操縦士免許(1級または2級)」が必要です。取得するならまずは比較的費用が手頃(10万円前後)で、教習の日数が最短2日間と短い2級がおすすめです。

【ファッション】ライフジャケットを着用しよう

 着替えをすることもなく普段着のまま海の上で遊べるのがプレジャーボートの魅力です。ライフジャケットの着用は必要ですが、最近は、ウエストポーチのようなコンパクトなものも販売されており、おしゃれな雰囲気のまま楽しむことができます。



衣装協力  BLUESTORM  ROXY


主な料金

レンタル

船長付きチャーターボート
 料金 3時間 1〜12名 3万円〜
 (燃料代・ケータリングは別途)
自分で運転するレンタルボート
 料金 3時間 1〜12名 6,000円〜
 (燃料代・ケータリングは別途)

免許費用

小型船舶操縦士免許(1級)の取得
 航行区域:無制限
 年齢:18歳以上
 費用:12万円前後
 教習期間:最短4日間

 

小型船舶操縦士免許(2級)の取得
 航行区域:5海里
 年齢:16歳以上
 費用:10万円前後
 教習期間:最短2日間

はじめてのプレジャーボート 遊び方


 船によって装備が異なり、マリンスポーツを楽しみたい人には「スポーツボート」がおすすめ。また、豪華なものになると、船内に大きなベッドソファーが設けられていたり、音楽を流せるオーディオを搭載した船などもあります。




01:景色を楽しみたい

海上ツーリングや島巡りを通して海からの景観を満喫


02:イベントに使いたい

女子会や誕生会、船上パーティなど、特別な一日を船の上で過ごせる


03:マリンスポーツがしたい

ウェイクボード、トーイングチューブ、シュノーケリングなども体験可能


04:自分で操縦したい

船長がいれば免許がなくても操船可能。広い海を自由に操縦できる  ※一部の区域を除く


「海の駅」とは


写真:いとう海の駅(伊東サンライズマリーナ)

 陸なら車、海からはプレジャーボートでアプローチできるマリンレジャー拠点です。マリンレジャーに関する情報を提供する施設以外に、ホテルやレストランなどを併設したところもあり、地域観光の足がかりとしても利用することができます。

 その他にも、海産物を販売する朝市や、漁業体験などが楽しめる海の駅もあります。また、レンタルボートの貸出を行っていたり、さまざまなマリンイベントを開催していたりと、おでかけスポットとして親しまれている場所もあるのでチェックしてみましょう。

・全国海の駅一覧|海の駅 - 海を味わい、海に憩う
https://www.umi-eki.jp/contents/list.html


監修:(一社)日本マリン事業協会